第27回かるがもファミリーマラソン大会の10kmの部に出走しました。その感想と評価をお伝えしたいと思います。

会場到着まで

最寄駅は相鉄本線の和田町。1つ隣の星川駅から会場までのバスもあったのですが、徒歩15分との案内だったので、和田町駅から歩きました。

受付場所の保土ヶ谷公園までは、実質20分程度かかった感じです。初めての場所だったので、スマホでgooglmapを見ながら、ゆっくり歩きましたからね。到着するまで、ランナーらしき姿はほとんど見かけませんでした。バス利用者が多かったようです。

結構歩いたのですが、先日購入したリュックのおかげで、移動も快適でした。今までは少し大きめのスポーツバッグを使っていたのですが、これは、適度な容量でポケットも多く、本当に使いやすいです。

良い買い物をしましたね。⇒Veroman スポーツリュック メンズ レディース ジムバッグ 大容量 防水 シューズ収納 スポーツバッグ #PPI

どんよりとした空模様で、若干肌寒いコンディションでした。

到着から10kmマラソンスタートまで

受付は、地元ボランティアのお年寄りが、ゆっくり対応しても余裕があったようです。ファミリーマラソンらしく、会場全体がアットホームでのんびりした雰囲気につつまれていましたね。

ただ、受付終了時間が9時50分なのに、10km走スタートが11時15分でした。スタートまでかなり待たされたので、もう少し、受付終了時間を遅らせてくれても良いと思います。

更衣室は、公園内の体育館に設けられていましたが、若干狭かったのと、荷物預かりが有料(¥200)だったのが、少し残念でした。

スタートからゴールまで

コースは公園内の人工芝のラグビー場が、スタートとゴールになっていて、10kmの部は、園内を4周しました。

意外とアップダウンのある周回コースだったので、10kmと思って若干なめてかかっていたせいで、とても苦しかったです。

要は練習不足ですね。

4周目では、繰り返し痛めている、左足のふくらはぎ痛が再発する始末…。

かなりペースダウンしながら、なんとか完走できました。

途中、太陽が照ってきて、気温が急上昇したのも足を痛めた原因かもしれません。

って、やっばり練習不足やわ!

ゴールから帰路につくまで

さて、帰りですが、横浜駅からの乗り継ぎを間違えてしまいました…。東急東横線に乗りたかったのですが、ボーッとしてたのか、京浜急行線の改札に入ってホームでしばらく待ってから、ようやく間違いに気付くありさま…。

なんか、東急と京急って響きがスゴく似てるんですけど。

まあ、関西の私鉄、阪急、京阪、阪神が紛らわしいのと同じですかねえ。

お昼ご飯は、横浜駅で大きなタイムロスをする前に、大会会場の最寄り、和田町駅近くの「麺どころ魁」で、魁らーめんを頂きました。

体力を使った後だけに、3枚の肉厚たっぷりチャーシューが、最高に効きました。魚介系スープと麺の相性もバッチリでしたよ。

第27回かるがもファミリーマラソン大会の参加賞は?

シンプルなデザインのスポーツタオルでした。実用性重視で良いと思います。

まとめ

地元に密着し、ほのぼのとした暖かい雰囲気の大会でした。

ただ、1つだけ言わせてもらうと、休日の公園を利用した大会なので、一般の人がコースに入ってしまう光景が、何回か見られました。

人通りが多い場所に、案内係が足りていなかったのでは?

要は、ボランティアさんの配置に改善の余地があったように感じました。

最後に、次走の第37回2019三浦国際市民マラソンに向けて、真面目に練習する宣言をして終わりたいと思います。

以上、ラン麺マンでした!