ハーフマラソンの部に出走しました。その感想と評価をお伝えしたいと思います。

会場到着まで

最寄駅はJR中央線の牛浜。会場の米軍横田基地までは、徒歩で約15分程度でしたが、人の流れが既にできており、その流れに乗るだけで着けたので、とても分かりやすかったです。

 

米軍基地に潜入するので、入口で身分証明書の提示を求められた後、手荷物検査を受けることになりました。

手荷物検査は簡易なもので、リュックの中を目視でチェックした後、刃物等を持っているか聞かれて終わりました。

かなりの参加者数で、長い列ができていましたが、比較的スムーズに流れていたと思います。

到着からハーフマラソンスタートまで

レースに必要なゼッケンや記録計測チップなどは、事前に郵送にて届いているため、当日受付は必要ありませんでした。

更衣室は用意されていたようですが、広大な芝生スペースがあったので、いつものように失礼して、青空のもとにシートを敷いて着替えさせて頂きました。

なお、手荷物預かりのみ、あったようですが、私はシートの上に貴重品以外の荷物をを置きっぱなしにして、出走しましたよ。あまり、オススメは出来ませんが…。

会場全体の雰囲気が、当然ですがアメリカナイズされていて、ハイテンションで陽気なアメリカン達の圧に、圧倒されました。

あと、トイレが大混雑していたので、改善の余地がありそうでしたね。

スタートからゴールまで

広大な敷地内を2周するコースで、フラットで走りやすく、普段見れないような米軍機や、施設のおかげで、飽きることはありませんでした。

雪化粧した富士山が見えたのには、感動しましたよ。

ただ、順調に15キロ地点までは走れていたのですが、右脚の股関節が痛み出して、急にペースダウンせざるを得なくなってしまいました。

初めて痛めた箇所だったので、無理は出来ないと思い、残りの5キロはほぼ、歩いてしまいましたです・・・。

毎度のことながら、練習不足、準備不足がたたって、こういう結果になってしまうことを痛感し、反省しながら暗い気持ちでのゴールとなりました。

ゴールから帰路につくまで

ゴール後は、痛みも徐々に和らいできて、大事には至らなかったのが、せめてもの救いでしたね。

ローテンションだったので、ブースでの食事もせず、まっすぐ帰路につきました。

っていうか、ハンバーガー等は、早々に売り切れていて、ホットドッグも長蛇の列でしたから、いずれにしても食事はできませんでした・・・。

第39回フロストバイトロードレースの参加賞は?

珍しく、トレーナーでした。

アメリカンテイストの素敵なデザインで、部屋着として、ちょうどいいですね。

まとめ

序盤の7キロ地点まで、給水が無かったのがツラかったですが、概ね、ゆるい雰囲気で楽しめる大会だったと思います。

英語や片言の日本語での応援に、パワーをもらえました。

そして、陽気なアメリカン達の応援に明るく答えられないシャイな自分は、やっぱり典型的な日本人なのかなあと、あらためて実感しましたね^^。

さて、次走は2月11日に埼玉県滑川町で開催される「第45回記念森林公園完走マラソン」10キロの部です。

今日のような失速が無いよう、万全な準備をして臨みたいと思います。

以上、ラン麺マンでした!