第11回 東京お台場サマー&イブニングマラソン10㎞の部に出走しました。その感想と評価をお伝えしたいと思います。

会場到着まで

最寄駅は、りんかい線の東京テレポート。会場は駅から徒歩3分ほどの、お台場プロムナード公園「夢の広場」でした。

到着時はまだ、30度近くあって蒸し暑い感じでした。

到着から10㎞マラソンスタートまで

受付をスムーズに終え、公園内に設けられた荷物置き場のブルーシート上で、着替えも済ませてしまいました。

更衣室テントも設けられていましたが、狭くて暑そうだったので、見苦しいオッサンが外で早着替え…、ゴメンナサイ。

ちなみに、貴重品は自己管理でお願いしますとの事でした。

スタートは20時からだったのですが、無駄な体力を使わないよう、ライトアップされた観覧車を見ながら、ゆっくり待っていました。

ただ、会場の本部付近にライトが少なく、かなり暗かったので、寂しい雰囲気になっていましたね。改善の余地があるかなあと思いましたが、予算が厳しいのかなあ…。

スタートからゴールまで

コースはプロムナード公園内を4周します。

スタート時は、海沿いということもあって、風が心地よく感じられるグッドコンディションでした。

が、しかし、

コース自体が想像以上にアップダウンがキツかったのと、やはり、走り出すと夜でも、まだまだ蒸し暑く、完全にバテてしまいました。

2周目の途中から歩いてしまいましたからね…。

練習不足も当然ありますです。

残念ながら、夜景を楽しめたのは1周目だけでしたよ。

ゴールから帰路につくまで

フラフラ、ヘロヘロになりながら、何とかケガ無くゴール。

練習不足なのは分かっていたので、無理せず5キロにすべきだったですね。

自業自得を絵に描いたような、本当に苦しい大会となりました。

ゴール後は、汗だくのウェアのまま、シャトルバスに乗り込んで、予定通り、お台場の大江戸温泉物語へGO!

当然、バス内のシートにはタオルを敷いて、背もたれにももたれず、ご迷惑を掛けないよう、最大の配慮はしたつもりです。

到着後、受付まで長蛇の列が…。予想通り、大混雑していました。

入場時間が遅かったのと、人が多過ぎるのとで、身体をサッと洗って、軽く湯船につかって、すぐに出てきました。

サッパリできたのは良かったのですが、帰りのチェックアウトも長蛇の列で、疲れが倍増しましたね。

外国人観光客が多過ぎる、今の状況が続くうちは、再訪は無いかな。

東京お台場サマー&イブニングマラソンの参加賞は?

Tシャツ、タオル、エコボトル、ゼッケン止め等から1品選べたのですが、無難にタオルを選択。

まとめ

一般人がいる公園内での大会で、多種目開催、安全対策等、色々と大変だったと思われますが、とてもスムーズに運営されていました。

さて、次走は、2019年10月6日開催の第28回 流山ロードレース大会に出走予定です。

同レースは、去年も出走し、運営、コース、雰囲気ともに大変良かったので、楽しみです♪

以上、ラン麺マンでした!