第7回あだち五色桜マラソンの部に出走しました。その感想と評価をお伝えしたいと思います。

会場到着まで

最寄駅は、日暮里舎人ライナーの足立小台。

橋をテクテク歩いて、約10分ほどで会場に到着しました。特に駅からの案内は出ていませんでしたが、河川敷の見通しの良いところなので、迷うことはなさそうです。

この時の天候は、まだ、少し蒸し暑いかな?っていうぐらいの程度でした。

到着からハーフマラソンスタートまで

受付スペースは広さに余裕があり、人の流れもスムーズでした。

そして、出店ブースが想像以上に充実していて、とても賑わってましたよ。

更衣室のテントが設置されていましたが、狭いのと、外が暑いぐらいの気温だったので、外で着替えてしまいました。

なお、荷物置き場テントのみで、貴重品預かりはありませんでした。

スタートからゴールまで

荒川沿いの河川敷5キロコースを2週するのですが、ほぼフラットで走りやすかったです。

最近、アップダウン激しめのコースが続いていたので、かなり楽に感じました。

ただ、仕事の繁忙期で練習ランが全く出来なかった事と、風邪気味で体調が悪かったこともあり、(あと蒸し暑さも←言い訳し過ぎ)7キロ付近で意識朦朧となりかけ、終盤はウォーク&ランとなってしまい、何とか完走までこぎつけました。

視界がキラキラしだして、頭が痺れ出しましたからね…、

大河ドラマいだてんの、金栗四三状態でした。

いや、久々にヤバかった。

ゴールから帰路につくまで

完走後、この暑さでノドが渇いたので、ブースで生ビールを買って、グイグイ飲んで良い気分になりました。

金欠なので、つまみはガマンです。

ほろ酔い気分で帰路につきましたが、日暮里舎人ライナーの足立小台駅から何故か激込みで、大量の汗をかいてしまいました。(香ばしい匂い付♪)

第7回あだち五色桜マラソンの参加賞は?

カバン、ポシェット?

なんですかね、これは・・・。

まとめ

タイム的には、残念な結果になってしまいましたが、適正な人数でストレスなく走ることが出来ました。

今日も登場、お馴染みのM高史さんによる、ラストのハイタッチに元気をもらえましたしね。

ただ、ハーフマラソンは相当、暑かったのでは?と思います。

この時季だと、スタート時間を早める工夫が必要かもしれません。

さて、次走は、2019年5月12日開催の第23回東日本国際親善マラソン10kmの部です。

相模原市の米軍基地内で行われる大会で、普段走れない所を走れるので、とても楽しみです。

以上、ラン麺マンでした!